周りの人の協力

難聴を抱える方にとって、周りの音が聴こえない事はとても不安なことでもあります。
周りの音が聴こえないことによって、様々な弊害が生じてくるのです。
音を聴きやすくするために補聴器を使用するのですが、補聴器をつけている方と接する場合には気をつけなければいけないことがあります。
補聴器をつけている方と話しをする際にはなるべくゆっくりとした口調でハッキリと話す必要があるのです。
早口で話した場合や、口の中でこもったような話し方をしては、補聴器をつけている方には聞こえづらいことも多いのです。
難聴になると耳からの情報を素早く伝達出来ないのでこのようなことが起こってしまうのです。
他にも顔を見ながら話すのも良いでしょう。
特に人混みのような騒がしい場所で話す際には目で確認できる情報も重要になってきます。
補聴器をしても聞き取りづらい場合は選び方が悪かったのではなく、話し方に問題がある場合もあるのです。

補聴器を選ぶときにも周りのサポートが必要になっていきます。
補聴器の選び方で重要になるのは自分にその補聴器があっているかどうかです。
選び方を間違えてしまうとなかなか音が聞こえづらいときがあります。
しかし購入してからすぐですと自分に本当にあっているかどうかはわかりません。
最初はしっかりと周りの音を聞く練習を行う必要があるのです。これには周りの方のサポートが必要不可欠です。
カウンセリングを行い、お店で検査も行うのですが、補聴器の選び方には本人だけでなく、周りの方のサポートも重要になってくるのです。